保育園の給食


一人一人の子どもの状態に応じて、調理方法や量を考慮しながら「おいしく、楽しく食べられる給食」を目指しています。

また、正しい食生活習慣や衛生に対する知識を身につけ、望ましい社会性を培えるようにと考えています。

地産地消を推進する観点から、できる限り地元産を使用するなど、安全で良質な食材の確保に努めています。

地元産の野菜 地元産の野菜 地元産の食材     

食物アレルギーのため食べられない食品がある子どもには、医師の判断に基づき、可能な範囲で代替品の購入や調理・除去などを行っています。

清潔な調理室

0歳児には離乳食も提供します。

調乳には、塩素やカルキ・ウイルスはもちろんのこと、トリハロメタンやダイオキシンなどの微細な「科学物質」や「重金属」を97%以上除去した真水(ピュアウォーター)を使用しています。

給食1

子ども農園では、種や苗から育て収穫を体験する中で土の感触や虫・生物に興味を示し、豊かな活動を育んでいます。

東山農園01 東山農園02

一年を通しての行事やそれにまつわる食べ物の意味・風習を伝えることを大切にしています。

行事と食べ物について学ぶ様子

毎月献立表を配布しています。

その日の献立を展示し、レシピもお知らせしています。

今月の献立表はこちら

食材の3色分け 給食

また、食材の3色分け

あか
元気な体をつくる
みどり
病気から体をまもる
きいろ
元気に運動する力をつくる

をボードを使ってするのは子どもたちの仕事です。